クローバー(ホーム)> 採用情報

採用情報 Recruit

「美点凝視」

クローバーグループでもっとも大切にしている価値観です。
美点凝視とは人の良い所を見て、出来ない所は皆でフォローするという考え方です。
美点凝視を実践できて、「人の幸せを自分の喜びにできる人(利他)」を基準に採用しています。
人の幸せを願い、人の不幸を悲しめる人、そこに愛があり、思いやりのある人です。

人財育成・チームつくりの考え方

4つの"じんざい"

"じんざい"は4つあると考えます。

  • 「人財」

    社会の役に立つ宝・財産になる人

  • 「人材」

    材料になる人、施設で役に立つ人

  • 「人在」

    いるだけの人

  • 「人罪」

    悪い影響を及ぼす人

「人財」=社会に役に立つ、社会になくてはならない存在にすることを目標に人財育成を行っていきます。

人財育成のゴール=「自立型人財」

自立型思考の人財とは他人や環境のせいにせず、すべての原因は自分にあると考え、
自分を変えることで環境を変えていこうとする考え方です。
どんな環境においても生きてく力(自分で自分をマネジメントする力)を身に付けて欲しいと考えています。

  • 「自責≧他責」
  • 「ポジティブ≧ネガティブ」
  • 「感謝≧愚痴、不平、不満」
  • 「素直≧頑固」
  • 「変化対応≧現状維持」
  • 「未来志向≧短期志向」
  • 「セルフマネジメント≧他者管理」

以前は企業の寿命が30年と言われていましたが、現在は10年とも言われています。
就業寿命よりも企業寿命が短くなった時代に突入しました。
技術の進化も目覚ましく、得た知識や情報は2年くらい立てば古くなり、
大学4年で習ったことが過去の事になる時代です。
つまり、「環境の変化へ対応できる力」これからはもっとも重要なスキルになってくると思います。
すなわち、言われた事だけやるのではなく、常に「勉強」して、
自分で「考える力」を身につけることが必要になります。

チームつくりのゴールは
「美点凝視のチーム」=「集合天才型チーム」=「全員経営」

1人でできることには限界があります。個々の長所が1人10個の知恵があれば、スタッフ10人で100個の知恵になります。全員の知恵を結集してよりよい会社をつくって行きたいと思います。

エントリーはこちら